2014年10月09日

乳児のアトピー予防には保湿剤有効 世界で初の発見


(コメント)
 アトピービジネスという言葉があるように、
アトピーに悩んでいる人は沢山いて、
その治療に難儀Lしているようです。


今回の記事では、乳児の肌を保湿することで
アトピーが改善されるとのことです。

アトピーの肌に保湿が必要なことは良く知られていて、
ワセリンなどで保護するだけでも
かなり効果があると言われています。

アトピーで皮膚がかゆくなると
かきむしってしまい、
その為に肌が傷付いてしまい、
外側からの刺激物質が入り易くなり、
更にかゆくなるという悪循環に落ち入ることが多いようです。

この悪循環を断ち切る為に、
ワセリンなどで保護すると、
良くなるというわけです。

実際、手の届かない、背中などは、
アトピーが悪化しないことが知られています。


保湿がアトピーに重要なわけですが、
記事にあるような保湿剤を使う他に、
食べ物で、皮膚の保湿作用が出るものもあります。

その中でも有望なものがセラミドです。
実際にはスフィンゴ糖脂質と呼ばれるものですが、
これを食べることで、皮膚の保湿作用が高まることが
確認されています。
ただ、その作用機序は良くわからない所があります。

冬場に乾燥して肌がかゆくなる人がいますが、
このような人も、セラミドの摂取すると
痒みが出にくくなります。


アトピーは炎症が関与していますが、
この炎症には脂肪酸が重要な働きをしています。

この脂肪酸が異なると、炎症の起こり方も異なるようです。
DHAやEPAのような、オメガスリー(ω-3)(n-3)と呼ばれるような脂肪酸は炎症がひどくなりにくく、
リノール酸などは、炎症がひどくなり易いと言われています。
サプリメントとして、
DHAやEPAの入ったものを摂取すると、
炎症がやわらぐようです。

近年、DHAやEPAは、中性脂肪を下げたり、
ダイエットに効果があることでも注目を集めています。

健康食品にも色々なものがありますので、
信頼できる所のものを利用しましょう。

また、これらこのことは、事実であっても
広告として利用して販売すると
薬事法違反となりますので、
注意しましょう。

posted by HIRO at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | DHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック