2014年10月04日

ASKA元被告が退院 薬物依存症の更生施設「ダルク」へ


(コメント)
チャゲアスのアスカさんが、
入院先の病院から退院できたようです。

“クスリ抜き”や“シャブ抜き”とも言われる治療で、
先月下旬には、12週にもおよぶ薬物依存症治療プログラムが
終了していたようです。

この退院の時には、
元アナウンサーの妻、洋子さん(59)と
長男でロックバンド、Rootsのボーカル、SOさん(26)、
裁判を担当した弁護士が病院を訪れたようです。

これをスクープしたのが、
『女性自身』です。

裁判の中では、
栩内被告への思いがまた断ち切れておらず、
迷っている感じの発言がありましたが、
現在は、栩内被告への思いを断ち切り、
家族とともに生きることを決意したようです。

退院してこれで終わりというわけではなく、
完全に薬物から脱却するためにリハビリを長期間しなくてはならないようです。

更生施設「ダルク」に入る可能性も高いようです。

戦前は覚醒剤は合法だったこともあるようですが、
現在の日本では覚せい剤取締法により、
覚醒剤の使用は禁止されています。

覚醒剤を使用してつかまった後、
しっかりと更生した人もいますが、
なかなか断ち切れず、
何度もつかまっている人もいます。

アスカさんが、早く立ち直って、
またすばらしい歌を聞かせて欲しいものです。

posted by HIRO at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚せい剤取締法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック