2014年08月23日

超意外!?あのフルーツが夏バテ解消&美肌キープのパワーフルーツだった


(コメント)
 まだまだ暑い日が続きますが、秋の気配もチラホラ。
記事では、赤ぶどうが夏バテの効果がある果物(くだもの)として紹介されています。
 グルコースは、ブドウ糖と言われるくらいですから、
ブドウに含まれるのはわかりますが、
ブドウ糖などの糖質類は、ブドウで無くても多くの果物に含まれていると思われます。

ブドウの特徴的な成分としては、一時話題になったレスベラトロールや
プロアントシアニジンに代表される
ポリフェノール類です。

ポリフェノールは、活性酸素を取り除く事で老化を防ぎ、
お肌をいつまでも若々しくキープしてくれます。

ただ、ポリフェノールが多いのは、種子や皮の部分で、
一般的に食べられる実の部分には、それほど含まれていないようです。

ワインも、白ワインよりも赤ワインの方が
ポリフェノールが多いと言われていますが、
これも皮や種子を利用している点に関係があります。

ブドウの栽培の歴史は古く、
紀元前3000年ごろには原産地であるコーカサス地方やカスピ海沿岸で
すでにブドウが栽培されていたようです。
紀元前2世紀には、中国にも伝わっています。

果物は体に良いので、
農林水産省も、1日200gの果物を食べることを推奨しています。

ただ、果物には果糖(フルクトース)をはじめ、
糖分が含まれていますので、
食べ過ぎには注意が必要です。
posted by HIRO at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック