2014年07月01日

歯の健康 歯周病のサインを見逃すな


(コメント)
 「リンゴをかじると血がでませんか?」というキャッチフレーズがありましたが、
飲食時や歯磨きをした後、出血したら、
歯周病のサインです。

 記事によると、日本人の約8割は、歯周病ということですから、
気付かないうちに、歯周病になっているかもしれません。

 歯周病の予防や治療の第一は、
歯垢(プラーク)を取り除くことです。
歯垢(プラーク)の除去は、虫歯の予防にもつながります。

歯垢(プラーク)を取り除くには、
歯ブラシや糸ようじ(フロス)、歯間ブラシなどを使った
歯みがきが重要です。

歯みがきは、強い力でゴシゴシと磨かないと、
磨いたような気がしないという人もいますが、
余り力を入れるのは、逆効果になることがあるようです。

特に電動歯ブラシは、力を入れ過ぎると、
歯が削れてしまうといわれています。

歯みがきをする時、特に歯周病の予防や治療の目的であれば、
柔らかめの歯ブラシで、やさしく磨いた方が良いようです。

歯みがきをする時に、
歯磨剤、いわゆる歯みがき粉を使う方が多いと思いますが、
歯磨剤には、メントールなどの、
口の中を爽やかにする成分が配合されていて、
余り磨いてなくても、磨いたようになってしまう危険があります。

歯磨剤なしで磨くだけでも、
歯垢の除去率は余り変わらないと言われていますので、
一度、歯磨剤なしで磨いてみてはどうでしょうか?

歯磨剤を使用しないと、どうしても、磨いた気がしないという場合は、
歯磨剤を使用せずに磨いた後、
仕上げに歯磨剤を使うという方法もあります。

この方法であれば、しっかりと磨けて、
口の中もサッパリします。

歯周病は、心筋梗塞やバージャー病、肋間神経痛、三叉神経痛、糖尿病などと
深い関わりがあると言われています。
歯周病の予防・改善は、全身の健康にも良い効果を持ちますので、
積極的に行ないたいものです。

気付かないうちに進行する歯周病を予防・改善するには、
定期的な歯科検診が重要です。
半年〜1年に1回は、歯医者さんに行って見てもらいましょう。
タグ:虫歯
posted by HIRO at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック