2014年03月07日

「涙の太陽」安西マリア、意識不明の重体…脳梗塞か

(コメント)
元アイドルの安西マリアさんが
脳梗塞(のうこうそく)で倒れて意識不明の重体のようです。

回復されるようお祈り致します。

安西マリアさんは、
東京出身の1953年12月16日生まれで
現在60歳。

昭和48年(1973年)には、
デビュー曲の『涙の太陽』で、
第15回日本レコード大賞新人賞を受賞しています。

その後も活躍していましたが、
1978年に、「元マネージャーと恋の逃避行」をしたとして、
芸能界から遠ざかりました。

ただ、この事件には裏があり、
事務所の社長が元暴力団の幹部で、
「殺されるかもしれない」と思い、
失踪を装い、身を隠したようです。

その後、その社長は逮捕されましたが、
第二回公判で、
マネージャーとタレントの肉体関係の存在、
プロダクションと作詞家、
レコード会社の黒い癒着を暴露、
すなわち、芸能界の裏側を暴露したため、
能界に復帰することは出来なくなってしまったようです。

現在は事件も風化し、安西マリアさんは、
小さなライブハウスなどで歌手活動を続けていたようです。

脳梗塞は、血の血管が細くなって詰まる脳血栓(のうけっせん)と
別の場所、例えば心臓などでできた血栓が
血液の流れに乗って脳の血管で詰まってしまう
脳塞栓(のうそくせん)の
大きく二つに分けることができます。

どちらも動脈硬化が深く関わり、
高血圧や脂質異常症がリスク因子として上げられます。

脳梗塞を防ぐには、
ダイエットと同じで、
バランスのとれた食生活と
適度な運動が大切です。

脳梗塞を予防する漢方薬としては、
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)が有名です。

防風通聖散は一貫堂の薬方で、
もともと臓毒症体質(ぞうどくしょうたいしつ)に
用いられいたもので、
臓毒症体質の特徴として、卒中体質が上げられます。

この他、脳卒中に用いられる漢方薬としては、
 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
 大柴胡湯(だいさいことう)
 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
 抑肝散(よくかんさん,よっかんさん)
 烏薬順気散(うやくじゅんきさん)
 続命湯(ぞくめいとう)
などがあります。

漢方薬は、薬事法で認められた医薬品です。
必ず専門家のアドバイスに従った上で使用しましょう。


血栓を溶かる健康食品・サプリメントとしては、
 ナットウキナーゼ、
 ルンブルキナーゼ
 ヒル
 などがあります。

ナットウキナーゼは
納豆に含まれるタンパク分解酵素の一種です。

ルンブルキナーゼは食用ミミズに含まれる
タンパク分解酵素の一種です。

ヒルは、漢方では水蛭(すいてつ、すいしつ)といい、
陳久瘀血を除くのに使われます。
ヘパリンと呼ばれる血栓溶解酵素を含んでいます。

健康食品は医薬品ではありません。
薬事法上、効能・効果はうたえませんので、
注意が必要です。
posted by HIRO at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390811935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック