2010年10月09日

妊婦さんは、ヘルペスにもご用心



(コメント)
 単純ヘルペスウイルス(HSV)に感染することで起こる、
いわゆるヘルペスには、
唇の辺りにポツッと水疱ができて痛みを伴う「口唇ヘルペス」の1型と、
お尻や性器など下半身にできる「性器ヘルペス」の2型とがあります。

 2週間ほどで自然治癒することも多く、
一般的には予起は良いとされていますが、
重症化して大変なことになることもあります。

 更に大人では問題なくても
胎児が感染すると重症化しやすく、
生命にかかわることもあるようです。

そのため、産道の近くに潰瘍(かいよう)ができた場合は
帝王切開がすすめられることもあります。

口唇ヘルペスなどの治療には、
アシクロビル(ゾビラックス)やビダラビン(アラセナA)
などの抗ウイルス剤が使われます。
効果は高いので、大抵はこれでよくなるようです。

薬を使えば早く治癒するので、
症状が出たらひとまず医療機関に相談しましょう。


再発しやすい病気のようです。
これを防ぐ為の健康食品・サプリメントとしては、
ラクトフェリン、ビタミンB5、ビタミンB12、ビタミンC、亜鉛、セレン、リジン、セントジョンズワート(St John's Wort、西洋弟切草(セイヨウオトギリソウ))、エキナセア(Echinacea、エキナシア)
などがあげられます。

ラクトフェリンは体内のインターフェロンを増量させ
ウイルスをやっつけてくれます。
最近、ラクトフェリンにダイエット効果も見出されてきていますので、
体重の気になる方には二重に良いと思います。

セントジョーンズワートは、ヒペリシンおよびプソイドヒペリシンという
二つの抗ウイルス物質が含まれており、
ヘルペスに効くことがあるとされています。
一般的には、抗うつ作用が有名です。

なお、セントジョーンズワートには、医薬品と併用すると、医薬品の効果が弱くなる場合があるので注意が必要です。
効果が減少するおそれがあるとされる医薬品の例としては、次のものが上げられます。
・抗HIV薬 ・強心薬 ・免疫抑制薬 ・気管支拡張薬 ・血液凝固防止薬
・経口避妊薬 ・抗てんかん薬 ・抗不整脈薬

エキナセアは、免疫力を高めるハーブとして有名です。
そのため、エキナセアはヘルペスに有効だと考えられています。
ただ、エキナセアは長期間継続するとエキナセアの効果が弱まってしまうという理由から、
免疫力の維持が目的なら6週間から8週間くらい服用して数日間中断、
または2週間飲んで2週間休む、といった使い方が推奨されています。
ただ、一部には、「続けて飲んでも効かなくなることはない」との意見もあり、
判断しづらい所です。
症状があるときは続けて飲むほうが効果的です。



リジンは、ヘルペスウイルスの餌になる
アルギニンというアミノ酸と拮抗することにより
効果を発揮すると言われています。


小麦発酵抽出物(IP-PA1、ソマシー)も効果があると言われています。
マクロファージを活性化することと、鎮痛作用があります。
飲んでも塗っても効果が期待できます。


タグ:ヘルペス
posted by HIRO at 06:55 | Comment(2) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妊婦さんはセントジョーンズワートNGだったような記憶がありますが…。
Posted by 7 at 2010年11月20日 01:32
7様

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、セントジョーンズワートは、妊婦さんには良くないようです。
更に授乳中も推奨されないようです。


・妊娠中、授乳中の経口摂取は、危険性が示唆されているため、使用すべきでない。
・授乳中の摂取は、乳児が腹痛、嗜眠状態(うとうとすること)、傾眠になる可能性があるため使用を避ける。

ただ、次のような記載もありました。
・妊婦162名(カナダ)を対象とした観察コホート研究において、妊娠中のセントジョーンズワート平均615mg/日の使用(54名、32.6±5.3歳)は、奇形発生率、早産率に影響を与えなかったという報告がある(PMID:19491000)。

妊娠と薬物との関係は難しいものがあります。
Posted by HIRO at 2010年11月26日 17:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヘルペス感染
Excerpt: (コメント) ヘルペスは、水疱瘡のウイルスと同じで、 治っても神経の中にかくれていて、 体力が落ちた時などに再発するようです。 一般的に予後は良いとされていますが、 実際には..
Weblog: 漢方・健康食品・サプリメントを中心として健康ニュース
Tracked: 2010-10-09 06:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。