2009年05月23日

日本政府、新型インフルエンザ対応を緩和 国内感染者307人に


【5月22日 AFP】日本政府は22日、国内での新型インフルエンザA型(H1N1)感染者が307人に達するなか、ウイルスが弱毒性であることを考慮し、現在、適用している行動計画の緩和を発表した。また、新型インフルの発生地であるメキシコへの渡航について、「渡航の是非を検討」から「十分注意」に引き下げるほか、メキシコ人に対するビザ規制も解除した。

 舛添要一(Yoichi Masuzoe)厚生労働相は記者会見で、新型インフルエンザは強力な感染力を持ちながらも、症状は季節性インフルエンザに酷似しており重症化した例もないと指摘。また、既存の抗ウイルス薬が有効であることも実証されていると強調した。

 こうしたことから、メキシコや北米便で実施していた機内検疫を、機内で体調不良者が出た場合を除いて中止する。感染者が確認された場合も、周囲の乗客に対する停留措置は行わない。

 多くの感染者が出ている大阪府や兵庫県でも、海外から帰国後に発熱し隔離治療を受けていた患者を一般病棟に移すほか、「発熱外来」のない医院でも、新型インフル治療を受け付ける。

 国内での新型インフル感染者は、22日現在で307人に達しているが、ほとんどの患者は症状は軽く、死者も出ていない。最も、直近で確認された例は、米国から韓国への経由地として成田空港に到着した韓国人男性。この男性に対しては、現在、空港近くの宿泊施設で隔離措置がとられている。

 一方、文部科学省の調べによると、西日本を中心に4800校以上の学校や幼稚園が休校している。(c)AFP

(コメント)
日本国内の新型インフルエンザの感染者が、ついに300人を越えたようです。

ただ、感染力は強いものの、毒性は弱いので、行動計画の対応を緩和するとのことです。
今の所は、軽症で済んでおり、通常のインフルエンザとさほど変わらないようですので、行動計画の緩和は、妥当な措置だと思われます。
もう少し、早く緩和しても良かったと思います。
特に、水際作戦としての飛行機内の検疫は、余り意味が無く、人もお金も無駄と言われていましたので、早く切り替えるべきだったと思います。

今回の新型インフルエンザは、毒性が低くて、ある意味、良い予行演習になったように思われます。
もし、想定されていたような、毒性の高いインフルエンザであったなら、今のようなパニックでは済まなかったと思われます。
posted by HIRO at 05:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。