2009年05月22日

新型インフルエンザ、なぜ若者ばかりが感染?


【5月22日 AFP】米国全土で再び新型インフルエンザ「インフルエンザA(H1N1)」の感染が拡大しつつあるなか、高齢者の感染者が少ないことから、高齢者には何らかの免疫があるかもしれないと一部専門家が指摘している。

 米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)による調査の結果、米国内での感染者のうち、64%以上が5歳から24歳であるのに対し、65歳以上ではわずか1%だったことが判明した。

 これについてCDCの専門家アン・シュチャット(Anne Schuchat)氏は、高齢者が過去に新型ウイルスに似たウイルスに感染したことがある可能性を指摘した。「特に60歳あるいは65歳以上の高齢者は、過去に(インフルエンザに)感染してH1N1ウイルスに対しある程度の免疫を獲得しているか、ワクチン接種を受けている可能性がある」
 
 現在、全世界の新型インフルエンザ感染者数は1万1000人以上、うち死者数は85人に達しているが、その大半が若者であることに各国の保健当局は首をかしげている。

 CDCの調査では、幼児や10代の若者が新型インフルエンザに感染しやすいことが指摘されている。今回のインフルエンザが数ヶ月以内に強毒性となって再流行し始める可能性もあることから、関係当局は強毒ウイルスの襲来に備えている。(c)AFP

(コメント)
今回の新型インフルエンザについては、まだまだ不明な点が多が多く、記事にあるような若者に感染者が多く、老人に少ないことも謎の一つとされています。
高齢者は、感染歴がある可能性が指摘されていましたが、今回は同様な内容が記事となったようです。

もし、記事の内容が当たっていたとして、インフルエンザウイルスは変異しやすく、毎年新しい型が流行するように聞いていたのですが、今回の新型インフルエンザは、何十年も前のものが余り変異していないということなのでしょうか?
この辺りは、今後解明が望まれます。

また、高齢者でも死者が出ていますので、高齢者も安心せずに、予防には充分気を付けたいものです。
posted by HIRO at 13:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。